こわれ者の祭典・公式ブログ
病気だよ、全員集合!生きることがヘタな人間集結! 生きることに障害のある者たちが障害をそのまま受け入れて そのことを自慢し露出することにより 回復へと繋げてゆく、生きるヒント分かち合いの祭典。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月9日(日)「練炭で死ぬ前に私たちを見てくれ」
ネット心中への提言。異色のメンバー総出演!
出演:月乃光司「アル中・自殺未遂体験者」
岡田マサル「がん患者の舞踏家」
塩見考也「獄中20年・不屈の元赤軍派議長」
山本公成「大事故から奇跡の復活・世界的即興音楽家」
アイコ「強迫神経症の叙情表現者」
ぱにっくだらい!「弾き叫びギター」
午後1時開演(開場30分前) 1500円(飲食費別)
新宿ロフトプラスワン http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/map.html
NAMARA東京事務局  03-3479-6026
スポンサーサイト
アイコです。
1日の新潟缶詰CAFEでのAKIRAさんライブでは
前座で歌わせてもらうので、
今日はその打ち合わせをしてきました。

いつもの感じとは、違ったアレンジでやろうと思っています。
わたしも始めての試みなので少しドキドキですが
邪魔にならない香りのような時間を作れたらいいなぁと思っています。
「どん底男」に出会った。
今年の三月、東京のイベント会場へ行くと、顔中にヒゲをはやした筋肉質の色黒の大男が、いきなり抱きついてきた。

「月乃さん! 会いたかった!」

初対面の男にいきなり抱きすくめられて、僕はビックリした。汗のにおいがした。不思議と懐かしさを感じる匂いだ。

「はじめまして、AKIRA(アキラ)です! 月乃さんの噂はいろいろと聞いていますよ!」
 
瞳は純真な子供のように輝いていた。四十六歳のAKIRAさんは作家、ミュージシャン、画家として活動する多才な方だ。海外生活が長く十年間で五十カ国を放浪した体験があるらしい。
 
この日のイベントでAKIRAさんはギターによる弾き語りをした。
「♪死んじまいたいこともあったし、それでも地べたをはいずり生きてる、これって奇跡なんじゃねえのかい」
 
心に染みるようなメッセージ・ソングだった。
 
帰り際にまた相撲の技の「さば折り」のように渾身の力で抱きすくめられた。少し苦しかった。


新潟市へ帰ると翌日にAKIRAさんから電子メールが来ていた。
「一緒にライブをやりたいですね!」
 
僕は車を飛ばしてAKIRAさんの住む栃木県日光市へ会いにいった。このへんの展開の早さは本当におたがいが「せっかち男」なのかもしれない。
 
AKIRAさんの自宅で語りあった。ニューヨークで薬物依存症になりホームレスになった。帰国時にはお金が全然なく、空腹に耐えかねて電話帳の紙にマヨネーズをかけて食べた。
 
「どん底」を乗り越えた今、その時代に学んだことがとても多い、とAKIRAさんは語った。
 
AKIRAさんの弾き語りと、僕の朗読の共演を試してみた。
 
叫ぶような歌声、ギター演奏は本当に凄まじい迫力だった。負けじと僕も声を張り上げて絶叫朗読をした。
 
道路に面した窓は開いていて、人々が歩いていく姿が見えた。二人の「どん底男」の叫び声が、窓を越えて曇り空に突き刺さっていった。
 
七月二日にAKIRAさんと新潟市総合福祉会館で「どん底からの出発」というライブを行う。魂が燃えている。

★どん底からの出発★
AKIRA(作家・ミュージシャン・アーティスト)
月乃光司 コラボレーション・ライブ

俺たちは「どん底」まで落ちた。
そして「どん底」から出発して、本当の「生きる意味」を見つけ出した。薬物依存、ホームレス体験者のAKIRAとアルコール依存、引きこもり体験者の月乃光司による魂のライブ! どん底体験のトークと弾き語り、自作詩朗読を通して「生きづらさ」を持つ方々へ「生きる喜び」のメッセージを届けるライブ ・イベント

出演:AKIRA・月乃光司・木林おず 

参加費:1000円(資料代込)
会場:新潟市総合福祉会館(多目的ホール)
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/5828/fukushi.htm
新潟市八千代1-3-1

日時:2006年 7月2日(日)
   午後2時半開場 午後3時開始
お問い合わせ
NAMARA 025(222)1125

某国会議員の飲み会に参加した

党を応援しているわけではなく

1品持ちよりワンコインで参加できる手軽さ

このアイデアで交流出来るのはメリットである

それでタイトル通り施設職員と福祉の現状について

相手がいろいろしゃべり始めたようで・・・・

利用者のことを考えていないとか・・・

旅行が一泊ではなく日帰りとか

職員だけ優遇とか

だんだん聞きながら俺は意見を言う

「旅行はユニクロに買い物に行っておしゃれ」

「性風俗につれていくべし」(女性はホスト)

今度あったらこのひとに

「障がい者自慢大会に出場決定!!」

と報告しようかな

これもエンタメには必要なことだ(笑)

全ては理解に繋げるのだ

PS俺は変人です。

テーマ:現場職員のぼやき・悩み - ジャンル:福祉・ボランティア

再放送があります。
6月20日(火)13:20~13:50
NHK教育TV「福祉ネットワーク」 (13日の再放送です)
「こわれ者の祭典」特集

月乃の右の鼻の穴から
鼻水がたれるのが見所です!
「こわれ者の祭典」の月乃光司です。
今日はNHK福祉ネットワークをごらんになり検索していただき
ここまで来られた方々が多数いらっしゃると思います。

僕たちのHPを見ていただき本当にありがとうございます。

僕たちのやりたいことはメッセージです。

かつて心や身体の問題で「生きづらさ」を抱えてつぶれそうになり
ながらも、今「生きづらい」ながらもどうやって生きられるように
なったか、そんなことをイベントで伝えられたらと思っています。

ぜひ、お時間がありましたら僕たちのイベントに
足を運んでやって下さい。

7月2日 新潟市でのコラボ
7月9日 東京都歌舞伎町でのイベント
7月30日 新潟市での祭典
8月27日 東京都歌舞伎町での祭典

と予定が組まれています。
詳しくは HP巻頭まで
http://niigata.cool.ne.jp/cat_girl/koware/

HP巻頭の左下に「こわれ者日記」という無料のメール配信サービス申し込みがあります。全国で200名近い方々が読んでくださっています。

HP巻頭の右側からは各メンバーのブログやサイトに入れます。
ぜひ見てやって下さい。

どこかでお会いできることを楽しみにしています!
「生きづらさ」を持つ方々は僕たちの仲間です。

皆で「生きづらい」この世を生き抜いていきましょう!


















テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

プロフィール

こわれ者の祭典メンバー

Author:こわれ者の祭典メンバー
こわれ者の祭典メンバーによる日記や詩、心の叫びなど。

過去のこわれ者日記はコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。